兄の強引な誘いで副業をやることになった

社会人になってから、仕事が生きがいに感じるほど、仕事が楽しく、残業が多い会社だけど、気にならないほど仕事に没頭していた。お金が欲しいということもあり毎日が仕事でも、多分僕は不満はないだろう、そんな風に思っていた時期がありました。しばらくすると、それなりのポジションに昇格し、それくらいの時期に仕事に対するモチベーションが急激に下がりました。理由は、給料がほとんど変わらなかったらだと思います。役職をもらっても、これしか給料が変わらないのかと、ひどくがっかりしました。仕事で出世すれば、お金をバリバリ稼げると思っていただけに、酷くショックを受けてしまいました。そんなときに、兄から連絡で、兄の自宅に向かうことに。

兄は、ブログでお金を稼ぐ、いわゆるブロガーと呼ばれる職業の人です。昔から、小説や難しい本を読んできた兄らしい仕事だなと僕は思っています。そんな兄から、一緒にアフィリエイトをやろうと言われたんです。会社員の副業としては最高だぞ、と言われましたが、はっきり言って興味ありませんでした。なかなか首を縦にふらない僕に、兄はしびれを切らしたようで、僕が作業するためのパソコンをネット通販で購入しました。決して安い買い物ではなく、兄は強引な人間なので、ここで断ってもしょうがないので、兄いわく、会社員の副業として最高のアフィリエイトをやることに。

アフィリエイトは、会社にバレることなく、しっかりやればそれなりの金額を稼ぐことができる、だから会社員の副業としては最高、と兄はまたもや言っていました。それからしばらくの間、死後が終わると、兄の自宅に直行し、兄に色々と教えてもらいながら作業をしました。今思えば、兄はきっと一人で寂しかったんだと思います。2人でいるときの兄は、とても楽しそうにしていました。お酒を飲みながら、笑いながら仕事をしている兄を見ると、アフィリエイトも悪くないなって思えました。まだ、全然稼げませんが、これからもわがままな兄と一緒にやっていこうと思います。

SNSでもご購読できます。