バイナリーオプションで知るべき単語 順張り、逆張りとは

バイナリーオプションのやる上で重要な単語である順張り、逆張りについて学びたいと思います。バイナリーオプションも学ぶべきことが沢山あって大変かと思いますがこれも勝つ為です。もしあなたが投資の初心者ならバイナリーオプションでは世界中のプロ投資家が利用してる事を忘れてはいけません。勉強して身につくスキルならありがたく頂戴しようじゃないですか。では本題にもどります。相場が大きく上昇していて明らかに上昇トレンド真っ最中にあえてぼちぼち転換すると予想し下がると判定したり、明らかに下降線をくだってるわけだから順当にいけば下がると判定するところですが敢えて上がるとよそうすることを『トレンドの逆に張る』つまり逆張りといいます。その逆張りに反して素直に上がってる時に上がると判断し、下がってる時に下がると判断することを順張りと言います。普通に考えればトレンドに乗っかった順張りのほうが利益を生む可能性は非常に高いですよね。トレンドの流れに身を任すのは大事です。人間素直が一番です。しかしそれだけでは勝つ事は出来ない。判定直前にトレンドとは逆方向に転換する事もなくはないのです。逆張りも有効の場合があるということなんですね。じゃあ順張りにするのも逆張りにするのも結局運に任せるしかないのかて思うかも知れませんがそうではありません。逆張りにするべきか順張りにすべきかの判断に強い味方になってくれるものがあるんです。その名もボリンジャーバンドです。ボリンジャーバンドとは為替変動の勢いの変化、反転が起こりそうか、方向はどっちかを見る目安になります。文字だけだと少し説明が難しいですね。たいがいのバイナリーオプションの業者に標準装備されてます。ですのでぜひ利用しましょう。まず移動平均を表す中央線が出現してその線の上下に補助線が現れそれぞれ+2σ、+1σ、-1σ、-2σとなります。細かい説明は省きますが上の+2σにもしローソク足が触れたら反転する可能性が高いとみます。あくまで可能性なので絶対ではないですが一つの目安として覚えといて損はないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ ログアウト